定年後の生活

旦那の定年後。
まだ何をしていいのか分からず、模索している模様。

体の事もあり、第二の就職はしませんでした。
もう、とても無理だと思います。

つまり、働いているのは我が家でわたしひとり。
なので、通勤の送り迎えをしてくれると言うのです。
早朝起きることになってもかまわないと言うので
今のところ、お言葉に甘えてます。

ただ・・・
チャリ通勤だと、帰りに自由に買い物したり用足ししたり
時にはお茶して帰るって事も出来たのに
今は、なかなかそうもいかなくなりました。

娘が仕事を再開したので
帰宅後に孫のお守りがある日もあり
寄り道している時間が無い時もあるんですが
それにしても・・・
ちょっと、ねえ(笑)
一人の時間がもっと欲しい(^^ゞ

それが本音。

私も、これからの生活を見直さねばなりません。
どうやったらお互いに快適なのか。


[PR]
# by aska-chan | 2017-04-20 11:58 | 日常 | Comments(0)

いーちゃんの落書き

a0055049_014642.jpg
ホワイトボードに、不思議な時計が出現(笑)
いーちゃんの時計だね。
どんな時を刻んで、どんな世界を作ってるのかな。

震災の年に生まれたいーちゃん画伯も
早いもので、幼稚園の年長さん。
最近どんどん絵がうまくなって
愛らしい作品を次々と生み出しています。

[PR]
# by aska-chan | 2017-04-20 00:01 | 日常 | Comments(0)

お花見2017






毎年恒例の、祖母の写真と開成山公園のお花見。
あいにくの曇り空。
風がめちゃ強かったね、おばあちゃん。
花吹雪がきれいでした。


a0055049_2342521.jpg

a0055049_2342524.jpg

a0055049_23425268.jpg
私も50代後半に突入。
いつまで元気でいられるのかな。
今年はまた、秋に孫ちゃんが生まれる予定だよ。
孫は本当にかわいいね。
私もおばあちゃんにとても可愛がってもらったね。
ありがとうね。

私が母に頭ごなしに叱られた時
おばあちゃんは、穏やかに話を聞いてくれた。
私も、孫たちにとって
そんな存在でありたいです。
親は無我夢中で育ててるから、仕方ない。
それが、ばぁばの役目ですもんね。

公園を出るころ、さっと明るくなって
少しの間日差しが戻ったね。
逆光で見上げる桜も、きれいだった。

また来年。


[PR]
# by aska-chan | 2017-04-19 23:42 | 日常 | Comments(0)

老後はどうなる

叔父が、要介護2と認定されました。

入院生活も、叔父の場合3カ月がだいたいのリミットだそうで
ゴールデンウイーク明けにはいったん退院になりそうです。

自宅にいるとなると、とても私たちだけでは世話できません。
これから、ケアマネージャーさんと介護プランをたて
デイサービスやショートステイなどを利用しながら
施設への入所を待つという形になると思います。

叔父にはまったく収入が無いので
今後の事をいろいろと考えているのですが、
おむつ代ひとつとっても、結構お金がかかります。
今のところは、姉にあたる義母がすべて支払っていますが
将来がとても不安です。

正直、旦那の退職金も
住宅ローンなどの清算をしたりして
ずっと安泰、と言う額が手元に来たわけではなく
いずれは底をつくだろうし
私たちの老後も、どうなるのだろうと思います。
当分、私は仕事を辞められそうにありません。

心配は尽きませんが、とにかく
目の前の事をひとつひとつこなしていくしかないのかな。





[PR]
# by aska-chan | 2017-04-10 00:07 | 日常 | Comments(0)

4月になりました。

先月末に、旦那が無事定年をむかえました。
長い間、お疲れ様でした。
思っていたほど感慨深いものは無かったな(笑)

それから、先月実母が80歳になりました。
体のあちこちが衰えてきているけど、今のところ何とか元気です。

5日は、孫のいーちゃんの6歳の誕生日。
パパとママと弟と、動物園に行って大喜びだったようです。
今月は身近な人の誕生日ラッシュなのです。
これからどんどん続きます(^^)
かくいう私も♪

今週は、好きなアーティストさん2組のアルバムリリースもあるし。
楽しみ。

桜は、こちらではようやく開花の便りが届きました。





[PR]
# by aska-chan | 2017-04-09 23:42 | 日常 | Comments(0)

退職間近

今日は、旦那のスーツを買いに「○服の○山」へ(^^)

今週末には定年退職を迎えます。
最後の日は、退職の辞令交付があるので、くたびれたスーツでなく綺麗なもので、と考えました。

遊びに来ていた娘と孫二人も一緒にお出掛け。

来月からはもう、スーツを毎日着ることはないけど、何か改まった場所に出る機会は今後も続くでしょうから、買っておいてもいいでしょう(^-^)v

年度末で就職、進学、異動などの時期と重なり店員の皆さんは大忙しでしたが、とても親切に応対して下さいました。

現役最後のスーツは、裾のお直しをして、明日手元にきます。
[PR]
# by aska-chan | 2017-03-26 23:59 | | Comments(0)

このれ~!!

もうすぐ6才の孫、いーちゃん語録。忘れたくないので書いておきます。

今日、1才の弟とケンカして叫んだのが

「このれ~!」

本人は「おのれ~!」のつもりなのです(笑)
[PR]
# by aska-chan | 2017-03-24 22:16 | | Comments(0)

めでたい♪

息子のお嫁さんが、二人目を妊娠(^^)

うれしいです!
また賑やかになるな~(*^^*)

でも正直な話、昔イメージしてた夫の定年後の生活とは随分違うものになってます(笑)

こんなに忙しいものとは思ってなかったし、今の年齢でも仕事してると思わなかった。

甘かったな私(笑)

でも頑張る\(^_^)/
[PR]
# by aska-chan | 2017-03-21 18:07 | | Comments(0)

少しずつ前進

前回、愚痴った私でしたが
あれから少し、状況が変わりました。

叔父は排泄のコントロールが少し出来なくなってきて
少し前から、おむつをしてもらっていたのですが
それでも、衣服や寝具を汚してしまい
着替えてもすぐに臭いをさせているような状況でした。
義母は腰を痛めて歩けなかったので
(今は回復しましたが)私がその洗濯をせざるを得ず(+_+)
何で私が!と思いつつやっていました。
その他に夜眠れない事や、時間の感覚が少しおかしい事がありました。

私たちが面倒を見る限界にきていると判断し
旦那と義母と3人で話し合い
叔父を入院させることにしました。
主治医の先生にありのままの現状を伝え
保護入院という形をとっていただきました。
3人とも少しホッとして過ごしています。

もともとの、双極性障害のほかに、認知症が始まっているとのこと。
週に何回か、洗濯ものの交換や
おむつなど足りないものの補充に行くのですが
病棟の中には、年老いた認知症の方々が、たくさんいます。
皆さんがラウンジに集まっている様子を最初見た時は
正直、異様な感じで驚きました(ごめんなさい)
今はもう、慣れました(笑)

病院の相談員の方や看護師さんと
叔父の今後の事を話し合っているところです。
義母は高齢、旦那も脳梗塞を3度やってるし
3月で定年退職でもあるし
私も仕事を持っているし、足の手術もしましたので
経済的、体力的に、もう無理だと思います。
子供達にこの事で迷惑はかけられないので。

いったんは退院するけれど
手続きを進めて、施設に行ってもらうことになりました。
もちろん、空きが出るまで待つことになるだろうけど。

一口に施設といっても、いろんなものがあるそうで
それをこれから勉強しながら
なるべく叔父の気持ちが楽なように進めていこうと思います。

厄介者として追い出したい気持ちと、身内としての情とのあいだで
いつもいつも揺れ動き、問題があるたびに
家族げんかのもとになっていました。
出口の見えないトンネルのようだと思っていたこの20年。
ようやく方向が見えてきたかな。
とにかく、肩の荷が少しだけ下りたかな、という日々です。





[PR]
# by aska-chan | 2017-02-19 15:37 | Comments(0)

愚痴らせてください(^^ゞ

孫の入院に続いて、義母が腰を痛めて動けず、叔父が体調不良と挙動不審。

仕事に家事に二人を病院に連れていったり、息つく暇もない最近。

旦那も病気してから、万全な健康状態ではありません。心身ともに。

家族はもちろん大切。
かけ換えのない存在。

でも、逃げたい。
すべて投げ出したい。
そう思っちゃったりすることがあります。

もちろん、そんな事はしやしません、絶対に。

せめてここで愚痴らせて~(笑)

2月のファンミも、諦めざるを得ない状況。
一週間でいいから休みたいな。
1拍2日でもいいな。

休みたいよ~~~!
[PR]
# by aska-chan | 2017-01-27 17:10 | | Comments(0)

福島県在住です。やきぶたと申します。


by aska-chan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30